正しい洗浄方法を知る

ウーマン

頻繁に洗うことは避ける

下半身は汚れが付きやすく、臭いも発生しやすい部分ですので、入浴の際には丁寧に洗っておきたいですが、膣内の汚れも気になっているという女性は多いのではないでしょうか。通常の洗い方では膣内まできれいにすることは難しいものがありますが、膣内洗浄を行うとおりものや残留経血を洗い流すことができますので、膣内を清潔に保てるというメリットがあります。自宅で膣内洗浄を行う方法としてはシャワートイレのビデ機能を使うという方法もありますが、衛生面の問題もありますので慎重になりたいところです。より安全に膣内洗浄を行うのであればドラッグストアなどで販売されている使い捨てのビデを使うことがおすすめです。この場合もまずは手や外陰部をきれいに洗い、清潔にした状態で行うことが大事です。そして、膣内洗浄を行うとすっきりとした気持ちになることもできますが、あまりに頻繁に行うと膣内に存在する常在菌を洗い流してしまうこととなり、抵抗力が落ち、性感染症などのリスクも高まりますので頻繁に行わず適度な回数にとどめておきましょう。もともと膣には自浄作用があり、病原体の侵入を防いでいますし、もしも病原体が入ってきても増殖を防いでくれます。膣内洗浄は専用の商品を利用すれば自宅でも行うことができますが、医療機関でも行ってもらうことができます。臭いの強いおりものが出てくるなど気になる症状がある場合は診察や検査を受けておくと安心ですし、必要があれば膣内洗浄を行ってもらうことができます。