大家業で収入アップ|副収入で福ふく潤いチャージ

収入を上げる工夫

外で電話する男性

これまでの中古マンションの投資とは

中古マンションの投資に人気が集まっています。過去にも同じように多くの人気を集めたものですが、その意味合いは少し異なります。バブル期において、不動産価格の上昇と共にキャピタルゲイン益を求めて中古マンション投資が積極的に行われていたわけです。やがてバブルの崩壊と共にその価値も下がり続けるわけですが、それと同時に賃貸における家賃収入の利回りが上昇するようになったのです。その結果、キャピタルゲイン狙いではなく安定した収入源としての資産形成を目的とした中古マンション投資が広まることになったわけです。ある程度の自己資金があれば、定期預金に預けるよりも大きなリターンが期待できることから、サラリーマンにも多くの需要を集めるものとなっています。

今後の動向予測について

不動産投資としては、新築物件も人気が高いものです。頭金をほとんど必要としないことから手軽に保有することができるのが理由となります。けれども最近の土地価格の上昇を受けて新築物件価格も上昇の兆しを見せています。その中で中古マンションがその価格の安さもあって注目されています。中には購入してからすぐにリフォームを施し、賃貸価値を高めた上で高めの家賃設定で貸し出すケースも増えています。住み心地の良い部屋の場合には人気が集まり、安定した家賃収入を得ることができるものとなります。このように、様々な形での資産形成が行える点において、これからもさらに中古マンションへの注目は高まると見られています。また、付加価値を付ける形での賃貸募集も増えると考えられています。